サッカー総合研究所・お悩み相談

サッカー総合研究所・お悩み相談

ねぇねぇ教えて!松本さん

サッカー総合研究所は「お悩み相談」を5月開設します。アドバイザーとして元浦和レッズ・松本田イチロー氏を招き、みなさんの個々の相談に答えていきます。 直接松本さんに相談できる機会をつくることができました。みなさんのためになることはどんな相談でも取り上げていきます。

わからないことや悩んでいることをそのままにしていては成長できません。 「上手になるためにどうしたらいいのですか?」 「チームメイトとうまくいっていません。どうしたらいいでしょうか?」 「ケガが多くて困っっているのですが・・・」 など日頃どうしたらいいかわからないことなど何でもいいので松本さんに相談してみよう。

松本さんの豊富な経験と異才を放つ独特の視点からあなたが成長するヒントを得られるでしょう。この貴重な機会をあなたにも・・・ 「あっ!そういうふうに考えればいいのか!!」 「へぇ?そんなこともあるんだぁ」 聞いた人だけ得をする!!聞いた人だけ成長する!!聞いた人だけ・・・ 「僕は身体能力が低いから活躍できない・・・」 たしかにそうですよね。

ボールを追いかける時の足の速さ。 ハイボールで競り合う時のジャンプの高さ。競り合いの時の力強さ。身体能力が低いとたしかに損することばかりです。 特に身体能力の差は小中学生の時に激しいようです。

小学生なのに中学生のように体が完成している選手もいれば、中学生なのに小学生のようにまだ体が完成させれていない選手もいます。体の成長の早さの差がクッキリ出る小中学生には大きな悩みのタネになっています。高校生・大学生くらいになればこの身体能力の差がだいぶ縮まってきますが、やはり身体能力の高い、低いというのはずっとつきまとってきます。

だからといって、身体能力が高い選手だけが活躍できるというはちょっと待ってください… この前、現役バリバリの大学サッカー部とプロを引退した40歳前後のオジさんチームが試合をしていました。

現役バリバリの大学生たちはみんな足が速く、スタミナも抜群でした。逆にプロを引退した選手たちは、お腹が出ていて走れそうにない人もいれば、ちょっと長い距離をダッシュすると息が切らしてヒザに手をついて死にそうになっている人もいます。 素人がちょっと見て、試合をしなくても結果が見えてしまうような…

ところがこの誰でもわかりそうな試合の結果を見てみると3対1でオジさんチームが勝っていたのです。これは何なのでしょうか?何か手品かマジックでもかけたのでしょうか?(笑) そんなことはありません。スピードが遅くなり、スタミナがなくなったオジさんたちは何かを知っていたのです。 何か足りなければ頭を使えばいいのです。とても勝てそうにない相手と戦う時でも、よく観て、よく考えて、そつなく戦うことができればとても勝てそうにない相手にも勝つことができます。

あのプロ野球選手のイチローも色々なハンデを乗り越えた人です。どんな天才でも様々な困難を乗り越えているんですよ。

イチローの歴史

横浜市で美容整形をするなら

メスを使わない人気のプチ整形は、二重埋没法から涙袋・鼻・唇・顎などへヒアルロン酸の注入、シワ取りに有効なボトックスなどがあります。

また、ニキビやシミ、たるみなどの皮膚科診療にも力を入れています。